ちょっとした不注意からの・・・

雨の降る夜の仕事帰りのことでした。
交差点で信号待ちをしていました。
オートマチック車を右足でブレークペダルだけを踏んで停車していました。


私は車のフロントガラスの曇りが気になっていました。
赤信号で停車しているのを利用してガラスを拭こうと思いました。
雑巾を探すと助手席側のドアサイドのポケットに入っているのを発見しました。
雑巾を取ろうと身体を伸ばしたところ右足がブレーキペダルから離れてしまったのです。
すると車はスルスルと動き出し前に止まっていた車の後部にコツンとぶつかってしまったのです。

すぐに警察に電話をし事故処理をしてもらいました。
相手のドライバーに私の名刺を渡しその場はそれで分かれました。

結局、その後、相手のドライバーからは何の連絡もありませんでした。

追突したあとバンパーを確認しましたが、特にキズも無かったように思えました。

相手のドライバーも修理の必要はないと判断してくれたのでしょう。

もう20年も前のことです。

しかし、この経験は私にとってとても大きな教訓になりました。

それ以来、私は信号待ちで車を停車するときもサイドブレーキを引くようにしています。