査定時にはどんな条件で値段が下がってしまうの?

satei-kakaku

車を売却する時には買取業者などに査定をおこなってもらう必要があります。
査定をおこなう時に評価されるようなものは様々なあり評価を下げるものもあります。
評価を下げるようなポイントの一つは車体の表面の傷や内装の汚れなどです。

 


これは車を長い間運転していると内装などは汚れやすい場所ですが、汚れていると評価を下げてしまう事になり、車体の傷も大きさや深さなどによって違いますが傷が深い場合には大きく査定額を下げるポイントになります。

 

また、修復歴がある車の場合も大きく査定額が下がります。

程度にもよりますが、買取価格の大体2割から3割減が相場になります。

 

修復歴がある事を、聞かれていないのに答える義務はありませんが、

どのみち一般の査定士であれば査定時にはすぐに分かってしまいます。

 

 

事故車であれば、査定額は0円になるかもしれませんが、現在では事故車買取専門もありますので、一般の買取業者に査定をしてもらい、値段が付かない場合にだけ見積もりを出してもらって下さい。

 
その他では、車の部品を交換した時にも評価が変わり、オプションのパーツなどは追加した場合には査定をおこなう時には評価をあげるポイントになりやすいのですが、

 

純正ではないパーツの場合には、そのパーツが高いものであってもあまり評価を上げる事にはなりません。
なので、パーツを純正に戻して査定をおこなってください。

 
車のパーツの買取を行っている業者もいるのでそういった所で売るという事も考えてみるといいでしょう。

 
改造車を売りたい方の場合には一般的な買取業者に売るよりは、個人で売買をしたり、改造したものを高評価してくれる業者もいらっしゃいますので、幅広く探す事が大切です。

 
車査定というのは走行距離や装着しているパーツや車検の残りの年数など様々な条件によって変わってくるもので、

 

業者によっても査定額というものは違ってくるものなので納得がいかない時には色々な業者に査定を依頼してみるのもいいでしょう。